スクリプトの実行


コマンドラインでファイルを実行

CLISP

$ clisp filename.lisp

SBCL

$ sbcl --script filename.lisp

CMUCL

$ cmucl -load filename.lisp -eval '(quit)'

Allegro CL

$ alisp -#! filename.lisp

ECL

$ ecl -shell filename.lisp

Clozure CL

$ ccl --load filename.lisp --eval '(quit)'

以下のシェルスクリプトを使えばSBCLのように--scriptで実行できるようになる。

#!/bin/bash

ccl="/Applications/ccl/dx86cl64"
if [ "$1" = "--script" ] ; then
  $ccl --load "$2" --eval '(ccl:quit)'
else
  $ccl "$@"
fi

$ ccl --script filename.lisp

コマンドライン引数の取得

スクリプトからコマンドライン引数を利用したいとき、引数の取得方法が処理系によって違います。以下のような関数を利用すればポータブルなスクリプトが書けます。

(defun args ()
  #+allegro (system:command-line-arguments)
  #+sbcl sb-ext:*posix-argv*
  #+clisp ext:*args*
  #+ecl (si:command-args)
  #+cmu ext:*command-line-words*
  #+ccl ccl:*command-line-argument-list*
  #+lispworks system:*line-arguments-list*)