意外な機能


string=系は、シンボルを扱える

シンボルは、文字列指示子(string designator)として扱えますが、string=系はこれを扱えます

(string-equal :foo "FOO")
;=> T

(string= :foo "FOO")
;=> T
string<系は、述語が成立した場合に不一致の位置を返す
(string< "111" "112")
;=> 2

(string-lessp "111" "112")
;=> 2
ensure-directories-existは mkdir -p 相当の動作をする
(probe-file "/tmp/foo")
;=> NIL

(ensure-directories-exist "/tmp/foo/bar/baz")
;=> "/tmp/foo/bar/baz"