3. 変数 (Variables)

Dylanは2種類の変数をサポートしている。 レキシカル変数 (lexical variables)モジュール変数 (module variables)である。

環境 (environment)と言う用語はプログラムの特定の場所で利用可能な変数の集合を指すのに 用いられる。これにはモジュール変数、レキシカル変数両方を含む。

変数は:=スペシャルフォームにより新しい値に設定できる。:=については この章の代入の節で述べる。

  1. モジュール変数 (Module variables)

  2. レキシカル変数 (Lexical Variables)

  3. 型検査 (Checking Types)

  4. 多値束縛 (Binding Multiple Values)

  5. 代入 (Assignment)


目次 索引制御構造(次章)