広告あり

東京都 デジタル人材育成支援事業(デジカレTOKYO) の口コミ・評判を紹介:あなたもITエンジニアになれる!

無料プログラミングスクール

未経験からでもITエンジニアとして新しいキャリアを築きたいと思っていますか?

東京都が提供している「デジタル人材育成支援事業」は、原則35歳以下の方を対象に、IT業界への入り口を広げるための一体的なサポートを行っています。

本記事では、この事業の詳しい内容から、実際に参加された方々の生の声まで、幅広く紹介します。

東京都の育成事業が利用できない方へ。

無料で十分。有料スクール以上に学べる「プログラマカレッジ」をご提案します。

プログラミング未経験者OK、受講料0円でアクセス可能な高品質な教育と異業種からの転職者にも適したカリキュラム。

実践的なスキル習得とOracle社のJava資格など業界で求められる資格取得。

就職率98.3%、紹介企業数3500社以上、累計受講者4,522名の実績。



大卒 27歳まで ⇒  プログラマーコース
学歴不問 30歳まで ⇒  クラウドエンジニアコース
(ノートPCプレゼントキャンペーン中)

プログラマカレッジの詳細はこちら >

  1. 実際の受講生の声(口コミ・評判):東京都 デジタル人材育成支援事業(デジカレTOKYO)を選んでよかった理由 とは?
    1. 受講生S.Yさんの体験談
    2. 受講生M.Nさんの体験談
    3. 受講生S.Sさんの体験談
    4. このセクションのまとめ
  2. 東京都 デジタル人材育成支援事業(デジカレTOKYO)のネット上の悪い口コミ
    1. カリキュラムの難易度
      1. 実体験に基づく対処法
    2. 就職活動のサポート
      1. 就職活動における具体的な戦略
    3. カリキュラム内容と個人の期待のギャップ
      1. 期待と現実のギャップを埋める
    4. このセクションのまとめ
  3. 東京都 デジタル人材育成支援事業(デジカレTOKYO) とは?:未経験者でもITエンジニアを目指せる道
    1. デジタル人材育成支援事業の目的
      1. 具体的な内容とは
    2. デジカレTOKYOの4つの特徴
      1. 1. 豊富な職業訓練の提供
      2. 2. 就職を徹底サポート
      3. 3. 1人ひとりに合わせた職業紹介・マッチング
      4. 4. 参加は無料
    3. あなたもITエンジニアを目指しませんか?
  4. 東京都 デジタル人材育成支援事業(デジカレTOKYO)のコース紹介
    1. プログラミングコース
      1. 学べること
      2. 身に付くスキル
      3. 期間・場所など
    2. ITインフラコース
      1. 学べること
      2. 身に付くスキル
      3. 期間・場所など
    3. クラウドコース
      1. 学べること
      2. 身に付くスキル
      3. 期間・場所など
    4. このセクションのまとめ
  5. 東京都 デジタル人材育成支援事業(デジカレTOKYO)のキャリアカウンセリングの特徴
    1. デジカレTOKYOのキャリアカウンセリングの独自性
      1. キャリアの方向性を明確に
      2. 専門家との1対1のカウンセリング
    2. 再就職支援の詳細
      1. 書類作成のサポート
      2. 面接対策
    3. デジカレTOKYOの一体的なサポート
      1. 職業紹介・マッチング
      2. 万が一のアフターフォロー
  6. 東京都 デジタル人材育成支援事業(デジカレTOKYO)の参加の流れ
    1. 参加の資格
      1. 参加条件
    2. 参加のステップ
      1. STEP01: お申し込み
      2. STEP02: 事前説明会&面談
      3. STEP03: 職業訓練(2ヶ月)
      4. STEP04: 就職支援
      5. STEP05: 就職
  7. デジカレTOKYOのIT業界への転職成功事例:前職からITエンジニアへの転身ストーリー
    1. デジカレTOKYOとは?
    2. なぜこの事業が必要なのか?
    3. 成功事例1: 未経験からプログラマーへ
      1. 挑戦の背景
      2. デジカレTOKYOでの学び
      3. 現在の状況
    4. 成功事例2: セールスからクラウドエンジニアへ
      1. 挑戦の背景
      2. デジカレTOKYOでの学び
      3. 現在の状況
    5. あなたもデジカレTOKYOで新たな一歩を

実際の受講生の声(口コミ・評判):東京都 デジタル人材育成支援事業(デジカレTOKYO)を選んでよかった理由 とは?

実際に「デジカレTOKYO」の研修を受けた受講生の生の声を通じて、その魅力やメリットを明らかにしていきたいと思います。

受講生S.Yさんの体験談

研修はどうでしたでしょうか

・ITの勉強を一切したことがなかったので、難しいと感じる部分はありましたが、講師の方に質問できるのでわからないままになってしまうことはありませんでした。

・勉強だけではなく、グループワークなど受講生の方とコミュニケーションをとる機会もあり、楽しかったです

研修を受けて感じたポイント

・対面なので質問や相談がしやすくて良かったです。

・希望に沿った企業を紹介してくださったり、志望動機の添削などもしていただけて、就職サポートが手厚くて良かったです

・プログラミングの苦手なところは理解するのに時間がかかり苦労しました。

未来の研修生へ向けての一言

・とても学びやすい環境なので普段パソコンを使わない方やプログラミング初心者の方にもオススメです。

「デジカレTOKYO」の公式サイトより

受講生M.Nさんの体験談

研修はどうでしたでしょうか

・研修では、現場の方々ならではの話が聞けたり、グループワークを通じて仲間ができたりと、とても充実した研修期間を送ることが出来ました

・IT業界のことを新しい技術、施策を含め詳しく研修があったことは、現場の技術だけを勉強する以上に、今後の動きや目標、目的がはっきりしたように感じました。

復習をしたり講師の方々に何度も聞かなければ理解できないこともありましたが、講師の方々からは、研修内容に遅れないよう根気強く対応を受けることができ、とても良かったです

研修を受けて感じたポイント

・年齢が近い人が集まっていたこともあり、研修の中で仲良くなるのが早かったです。

わからないところも相談しあったりできたのが良かったです。

週1の就職活動日があったことで、研修ばかりではなく、就職活動も同時並行できました

数多ある企業を選ぶ中で、すぐ相談できる環境や独自の応募サイトがあったことは、企業の目星を付ける上でとても良かったです。

未来の研修生へ向けて一言

・勉強する環境も、就職する環境も揃っています。

やりたいことがあるなら、あとは自分が動くだけです。頑張ってください。

 「デジカレTOKYO」の公式サイトより

受講生S.Sさんの体験談

研修はどうでしたでしょうか

・求められる設計要件を満たして通信がつながったときはうれしいですし、難しい課題ほど解決したときの喜びは大きいです。

全体的に難易度は高いと思いました。PCをまったく触ったことがない方は難しいかもしれません

研修を受けて感じたポイント

・通学中は毎日、聞いたことのない専門用語やコマンドを覚えなくてはいけないので気軽に質問できる通学型がよかったです。

担当メンターのサポートなしには就職できていなかったと思っています。就職先が決まってよかったです。いまでもたまに担当メンターとはLINEでメッセージをします。

・わたしは通学中にITパスポートを取得するという目標がありました。

無事に取得できましたが、とにかく暗記する項目が多くて休みの日も子どもを寝かしつけてから勉強しました。

日々の授業と並行して資格勉強をするのは大変ですが、合格すれば自信につながりますし、履歴書にも箔がつきます

「デジカレTOKYO」の公式サイトより

このセクションのまとめ

以上の受講生の声を通じて、「デジカレTOKYO」は未経験からITエンジニアを目指す方にとって、充実した研修内容と手厚い就職サポートが魅力の研修機関であることがわかりました。

もし、新たな一歩を踏み出そうと思っているあなたがいれば、是非この機会を利用してみてください。

無料で十分。有料スクール以上に学べる!
第1位 プログラマカレッジの公式ページ >

東京都 デジタル人材育成支援事業(デジカレTOKYO)のネット上の悪い口コミ

デジタル技術が日々進化する中、東京都が提供するデジタル人材育成支援事業「デジカレTOKYO」に対しては様々な声が上がっており、その中には残念ながら否定的な評価をする口コミも含まれています。

20代の社会人でITエンジニアを目指す皆さんが抱える疑問や不安を解消するため、ネット上で見られる「デジカレTOKYO」に関する悪い口コミを紹介し、それに対するアドバイスを提供します。

カリキュラムの難易度

多くの参加者がプログラムのカリキュラムの難易度に触れています。

特にIT未経験者にとって、一部の技術的な内容が理解しにくいと感じることがあるようです

実体験に基づく対処法

カリキュラムが難しいと感じた場合、まずは講師や他の受講生とのコミュニケーションを積極的に取ることが大切です。

理解が追いつかない箇所は、繰り返し質問してみましょう。

また、外部のオンラインコースやチュートリアルを併用して、自主学習に努めることも効果的です。

就職活動のサポート

「デジカレTOKYO」は就職活動におけるサポートも提供していますが、競争率の高さやサポートの充実度について不満を持つ声もあります。

就職活動における具体的な戦略

就職活動のサポートが期待に応えない場合、自分自身でキャリアを形成するための追加のステップを踏む必要があります。

業界のネットワーキングイベントに参加したり、LinkedInでプロフェッショナルなネットワークを築いたりすることで、就職のチャンスを広げることができます。

カリキュラム内容と個人の期待のギャップ

一部の受講生は、自分が学びたい内容とカリキュラムが一致しないことに失望を感じています。

特に、より実践的なスキルを期待していた人にとって、理論的な部分が多いと感じることがあるようです

期待と現実のギャップを埋める

プログラムのカリキュラムが自分の期待と合わないと感じた場合、追加の自習や外部講座を利用して、特定のスキルを深めることが推奨されます。

また、プロジェクトベースの学習を通じて、実際の業務に近い経験を積むことも大切です。

このセクションのまとめ

「デジカレTOKYO」に対する悪い口コミは、プログラムに対する期待と実際の体験のギャップから生じることが多いようです。

しかし、これらの口コミから学ぶことで、自分に合った学習方法や就職活動のアプローチを見つけることができるでしょう。

最終的には、自分自身の努力と外部リソースの活用が、キャリア形成において最も重要な要素となります。

東京都 デジタル人材育成支援事業(デジカレTOKYO) とは?:未経験者でもITエンジニアを目指せる道

未経験からITエンジニアを目指あなたにピッタリのプログラム、「デジカレTOKYO」について詳しく紹介します。

デジタル人材育成支援事業の目的

IT業界は急速に成長している一方で、専門の人材不足も深刻な問題となっています。

そこで東京都が推進しているのが、このデジカレTOKYOです。

この事業は、求職中または非正規雇用で働いている35歳以下の方々がIT分野での就職を果たせるようサポートするものです。

具体的な内容とは

必要となるデジタル関連のスキルを習得できる職業訓練やキャリアカウンセリング、再就職のための支援を総合的に行っています。

目的は、参加者が将来のIT業界で求められる人材として成長する手助けをすることです。

デジカレTOKYOの4つの特徴

1. 豊富な職業訓練の提供

ビジネスの基礎から、必要となるITスキルまでを網羅的に学べます。

初心者向けの内容から、JavaやSQLなどのプログラミングスキル、ITインフラやクラウドに関する知識まで、幅広いカリキュラムが用意されています。

2. 就職を徹底サポート

デジカレTOKYOはただの訓練プログラムではありません。

キャリアカウンセリングや応募書類の書き方、面接対策など、就職を実現するための徹底的なサポートが受けられます。

3. 1人ひとりに合わせた職業紹介・マッチング

希望や適性に合わせて、専任の担当者がエントリーから内定までをサポートします。

さらに、受講生限定でエントリーできるIT関連企業の正社員求人情報もあります。

4. 参加は無料

デジカレTOKYOの魅力は、こうした高品質なプログラムを無料で受講できる点にもあります。

経済的な負担なく、新しいキャリアを目指せるのです。

あなたもITエンジニアを目指しませんか?

現在の状況に不満を感じている方、新しいキャリアを模索している方、デジカレTOKYOはあなたの可能性を拓くための最適な場所です。

未経験からでも、しっかりとしたサポートと研修を受けながら、ITエンジニアとしての第一歩を踏み出してみませんか。

無料で十分。有料スクール以上に学べる!
第1位 プログラマカレッジの公式ページ >

東京都 デジタル人材育成支援事業(デジカレTOKYO)のコース紹介

これからの時代、デジタル技術の知識は必須とされています。

デジカレTOKYOが提供する魅力的なコースの紹介をさせていただきます。

プログラミングコース

このコースでは、未経験者でも基礎からしっかりとプログラミングのスキルを身につけることができます。

学べること

– ソフトウェア概論
– プログラミング概論
– バイナリ基礎
– アルゴリズム基礎
– ソフトウェア開発基礎
– ゼロから始めるJava基礎
– Java基礎実習
– SQL基礎

身に付くスキル

– IT業界の一般知識
– オブジェクト指向のプログラミング知識
– リレーショナルデータベース言語(SQL)の基礎的な構文を使った処理

期間・場所など

– 期間:2ヶ月
– 時間:月〜金 9:30〜17:30
– 場所:新宿・京橋・オンライン

ITインフラコース

ITインフラをしっかりと理解し、現場で即戦力として活躍するための知識とスキルを学びます。

学べること

– サーバー基礎
– サービス設定
– Windows Server
– ファイル共有
– スクリプト
– ネットワーク基礎
– ネットワーク機器基本設定
– 管理プロトコル

身に付くスキル

– IT業界の一般知識
– Linuxやネットワークを管理・設定するコマンド操作
– Linuxやネットワークの資格に関連した基礎知識

期間・場所など

– 期間:2ヶ月
– 時間:月〜金 9:30〜17:30
– 場所:京橋・オンライン

クラウドコース

クラウド技術は現代のIT業界での中核をなしており、このコースではクラウドの基本から実務での利用方法、資格対策までを学びます。

学べること

– サーバー基礎
– ネットワーク基礎
– クラウド入門
– Azure 概要
– Azure ラボ操作
– AZ-900 試験対策
– AZ-900 模擬試験

身に付くスキル

– IT業界の一般知識
– クラウド概要と実務でのクラウド利用
– Azureの初級資格であるAZ-900の資格取得相当の知識

期間・場所など

– 期間:2ヶ月
– 時間:月〜金 9:30〜17:30
– 場所:新宿・オンライン

このセクションのまとめ

デジカレTOKYOは、未経験者を対象とした質の高い研修を提供しており、各コースともに充実した内容となっています。

これからのキャリアを考える上で、しっかりとした知識とスキルを身につけることは非常に大切です。

興味を持たれた方は、ぜひ一歩を踏み出してみてください。

東京都 デジタル人材育成支援事業(デジカレTOKYO)のキャリアカウンセリングの特徴

デジカレTOKYOのキャリアカウンセリングの独自性

東京都が提供するデジカレTOKYOのキャリアカウンセリングは、ただの就職サポートとは一線を画しています。

キャリアの方向性を明確に

現在の仕事に不満を持ち、未知のIT業界に飛び込もうと考える方にとって、最初の一歩は「自分に合ったITの職種は何か?」という疑問からスタートします。

デジカレTOKYOのカウンセリングは、そんな疑問を解消し、あなたの適性や希望に合わせたキャリアの方向性を明確にするお手伝いをします。

専門家との1対1のカウンセリング

経験豊富な専門家との1対1のカウンセリングを受けることで、個人の状況や目標に合わせたアドバイスを受け取ることが可能です。

これにより、目指すべき職種や必要なスキルセットを具体的に理解することができます。

再就職支援の詳細

書類作成のサポート

履歴書や職務経歴書は、再就職活動の際に最も重要なツールの一つです。

デジカレTOKYOでは、IT業界特有の求められる情報をきちんと盛り込み、より高い確率で面接の機会を得ることができる書類の作成をサポートします。

面接対策

IT業界に特有の面接の流れや、よく聞かれる質問、求められる回答などを事前に学ぶことができます。

これにより、面接の際に自信を持って自分をアピールすることが可能となります。

デジカレTOKYOの一体的なサポート

職業紹介・マッチング

あなたの適性や希望に応じた職業を紹介。専任の担当者が、エントリーから内定までしっかりサポートします。

また、受講生限定でエントリーできるIT関連企業の正社員求人も豊富に取り揃えています。

万が一のアフターフォロー

希望の企業とのマッチングがうまくいかない場合も、アフターフォローがしっかり行われます。

継続的なキャリアサポートを通じて、あなたのIT業界での就職を最後までサポートします。

今、あなたが求めている新しいキャリア、そして充実した未来は、デジカレTOKYOのキャリアカウンセリングを通じて手に入れることができます。

まずは、自分の適性や目標を明確にし、新しいステージへの一歩を踏み出しましょう。

東京都 デジタル人材育成支援事業(デジカレTOKYO)の参加の流れ

「デジタル人材育成支援事業」の参加の流れを詳しく説明いたします。

参加の資格

デジカレTOKYOに参加するための条件は以下のとおりです:

参加条件

– 原則として35歳以下
– 求職中、または非正規雇用で就業中
– 東京都内のIT関連業界への就業を希望
– 2か月間の訓練に参加できる
– 学生ではない

参加のステップ

デジカレTOKYOの事業に参加するための具体的な手順は、以下の通りです:

STEP01: お申し込み

参加を希望する方は、専用のお申し込みフォームから事前説明会への参加を申し込んでください。

STEP02: 事前説明会&面談

事前説明会では、当事業の詳しい内容や目的についての説明が行われます。

説明会終了後、参加を希望する方にはヒアリングを行い、資格が確認された上で面談が実施されます。

面談の日時や場所については、後日別途連絡があります。

STEP03: 職業訓練(2ヶ月)

このステップでは、IT業界での就職を目指すための基本的な知識や技術を学びます。

訓練内容は、基礎的なものから専門的なものまで幅広く提供されます。

STEP04: 就職支援

訓練と並行して、キャリアカウンセリングや就職に関するアドバイスを受けることができます。

履歴書や職務経歴書の作成の仕方、面接の対策方法など、就職活動に必要な知識や技術を身につけるサポートが行われます。

さらに、受講生限定の正社員求人情報や企業説明会への参加、専任の担当者からのきめ細かなサポートが提供されます。

STEP05: 就職

上記のステップを経て、最終的にはIT関連の企業への就職を目指します。

事業の参加者は、新たなキャリアを築くための強力なバックアップを受けることができます。

現在の職場に不満を感じている方、新しいキャリアを築きたいと考えている方、デジカレTOKYOはあなたの夢をサポートします。

このチャンスをぜひとも活用し、新たな一歩を踏み出しましょう。

無料で十分。有料スクール以上に学べる!
第1位 プログラマカレッジの公式ページ >

デジカレTOKYOのIT業界への転職成功事例:前職からITエンジニアへの転身ストーリー

デジカレTOKYOとは?

デジカレTOKYOは、35歳以下の求職者や非正規雇用の方々を対象とした、東京都が提供するデジタル人材育成支援事業です。

この事業では、未経験者でもIT関連のスキルを学ぶことができ、さらにキャリアカウンセリングや再就職支援も一体的に提供されます。

なぜこの事業が必要なのか?

近年、デジタル変革が進む中で、IT人材の需要は年々増加しています。

その一方で、未経験からIT業界に飛び込むのはなかなかハードルが高いと感じる方も多いことでしょう。

デジカレTOKYOは、そんな方々にチャンスを提供するために設立されました。

成功事例1: 未経験からプログラマーへ

挑戦の背景

Aさんは、前職での人間関係のトラブルやキャリアの行き詰まりを感じ、新たな道を探していました。

しかし、未経験からのIT業界への転職は容易ではないと思い込んでいました。

デジカレTOKYOでの学び

Aさんは、デジカレTOKYOの「プログラミング(Java)コース」に参加。

Javaの基礎からSQLまでのプログラミングの基本を学びました。

また、履歴書の書き方や面接対策も学ぶことができました。

現在の状況

Aさんは、転職活動を経て、一流のIT企業にシステムエンジニアとして採用されました。

現在は、業務用システムの開発を担当しています。

成功事例2: セールスからクラウドエンジニアへ

挑戦の背景

Bさんは、営業職としての日々に疑問を感じ始め、新しい技術を学びたいと考えていました。

デジカレTOKYOでの学び

Bさんは、「クラウド(Azure)コース」を選択。Azureの認定資格AZ-900の取得を目指し、基礎から学び始めました。

現在の状況

Bさんは、クラウドの基礎知識を身につけ、現在はクラウドエンジニアとして活躍しています。

Azureの認定資格も取得し、多くの企業から注目される存在となっています。

あなたもデジカレTOKYOで新たな一歩を

デジカレTOKYOは、未経験者でもITの基礎から学べるコースを提供しています。

さらに、キャリアカウンセリングや再就職支援など、転職活動をしっかりとサポートします。

現在の職場に不満を感じている方、新しいチャレンジを求めている方は、是非この機会にデジカレTOKYOを利用して、新しいキャリアを築きましょう。

公共の事業ではなく、プログラミングスクールで資格取得から転職サポートまで受けたい人には、完全無料で未経験からITエンジニアになれるプログラマカレッジをおすすめします。

東京都の育成事業が利用できない方へ。

無料で十分。有料スクール以上に学べる「プログラマカレッジ」をご提案します。

プログラミング未経験者OK、受講料0円でアクセス可能な高品質な教育と異業種からの転職者にも適したカリキュラム。

実践的なスキル習得とOracle社のJava資格など業界で求められる資格取得。

就職率98.3%、紹介企業数3500社以上、累計受講者4,522名の実績。



大卒 27歳まで ⇒  プログラマーコース
学歴不問 30歳まで ⇒  クラウドエンジニアコース
(ノートPCプレゼントキャンペーン中)

プログラマカレッジの詳細はこちら >